iPhone8を使ってオンデマンドサービスを利用する

  • iPhone8でクラウドサービスを利用する

    • アイコンの配置などが工夫されていることで、電話や電子メールの機能が使いやすいiPhone8は、世界的に人気があるスマートフォンです。



      LTEをネット回線に使っていますので、高速なインターネット利用が可能であり、多くのネットユーザーの使い方に対応出来る機能を多数持っています。



      iPhone8には、アプリで機能を拡張したり、ブラウザでネットサービスを使ったりと様々な使い方が出来るようになっています。iPhone8を使うことで、ブラウザからもアプリからもクラウドサービスの利用が可能になります。



      クラウドサービスには、SNSやオンラインストレージやオフィスツールやブラウザゲームなど色々なジャンルのソフトウェアが公開されています。


      これらのソフトウェアを使うことで、ユーザーは、ネットライフを充実させることができ、用途に合ったサービスを受けられます。


      iPhone8のアプリからクラウドサービスを利用する時には、アプリストアからクラウドサービス対応のアプリを購入し、インストールする必要があります。

      アプリは、ブラウザと比べて、サービスを使う事に特化していますので、使い勝手が良くなっています。
      複数のアプリを導入しておけば、一般的なアプリのようにクラウドサービスにアクセスして、サービスを使えます。


      ネット回線の速度によって、クラウドサービスの利用時の快適度は変わってきます。LTEは高速な回線ですが、キャリアによって帯域制限が設けられていますので、月の容量には気をつけて使わないと、大幅に速度低下します。